go top

イソフラボンの美白効果は?

イソフラボンとはフラボノイドの一種で、大豆に多く含まれている栄養素です。 健康維持に役立つことはとても有名ですが、実は美白効果も優れています。

肌の色が黒くなることは、メラニン色素の働きと関係があります。 メラニン色素には、黒色メラニンと肌色メラニンの2種類があり、黒色メラニンの量が多いほど、皮膚や髪の色が黒くなります。

このメラニン色素は、表皮の基底層にあるメラノサイトによって生成されます。 紫外線によるDNAの破壊や、皮膚癌の発生から体を守るため、メラノサイトはメラニン色素を含む表皮細胞を生成し、バリアゾーンを形成します。 ですから、メラニン色素は体の健康に必要不可欠な物質です。

もともと体にはターンオーバー機能が備わっており、生成されたメラニン色素は自然と体外に排出されます。

しかし、強い紫外線を浴びるなど過剰にメラノサイトを刺激すると、メラニン色素も過剰に生成されてしまいます。 通常のターンオーバーで排出しきれなかったメラニン色素が蓄積され、色素沈着を引き起こします。

メラニン色素の生成を促進する酵素の一つが、ドーパクロムトートメラーゼです。

最近の研究でイソフラボンに含まれるゲニステインにドーパクロムトートメラーゼを抑制する効果があることが証明されています。 特に大豆含有量が多く発酵熟成期間が長い、豆味噌や浜納豆などが強い抑制作用を示します。

過剰なメラニン色素を排出するためには、正常なターンオーバーが必要不可欠です。 ターンオーバーを促進する働きをしているのが女性ホルモンです。

女性ホルモンは表皮細胞の生成、成熟、隔離において重要な役割を担っています。 そのため女性ホルモンが不足すると、ターンオーバーも乱れてきます。

イソフラボンは女性ホルモンの一種エストロゲンと似たような働きをするため、女性ホルモンの不足を補い、正常なターンオーバーを保てるよう助けてくれます。

月経前、活発に分泌されるのがもう一種の女性ホルモン、プロゲステロンです。 プロゲステロンも健康に欠かせない働きをするのですが、メラノサイトを活発化させてしまうという一面を持っています。

エストロゲンの分泌が減少し、プロゲステロンの分泌が増加すると、皮膚はバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなります。 色素沈着を起こしやすく、シミ・ソバカスもできやすくなります。

イソフラボンはエストロゲンとプロゲステロンの分泌のバランスを整え、シミ・ソバカス予防にも有効です。

イソフラボンにはメラニン色素生成を抑制する効果があります。 ターンオーバーを正常に保ち、過剰なメラニン色素を排出するのを助けます。 女性ホルモンの乱れを整え、健やかな肌を保つよう助けてくれます。

いろいろな方面から体に働きかけ、確かなイソフラボンの美白美肌効果があることが証明されています。
そんなイソフラボンを手軽に摂るにはサプリメントを活用しましょう。イソフラボンの人気サプリメントはこちらのサイトで紹介されています。ランキングサイトで上位の商品はどれも品質が高く多くの方に愛用されていますので気になる方はぜひお試しください。