go top

イソフラボンと男性ホルモンの関係

イソフラボンは大豆に多く含まれる、ポリフェノールの一種です。

抗酸化作用があるため、女性の美容にとても有効的な成分ですが、男性もイソフラボンを摂取することで、体の健康を維持することができます。 その益の一つが、男性ホルモン「テストステロン」分泌の安定化です。

イソフラボンは、化学構成が女性ホルモン「エストロゲン」に似ているため、体内に入ったときにエストロゲンと同じ働きをします。

男性の体の中にもエストロゲンは必要であり、テストステロンとエストロゲンは、バランスを保ちながら分泌されています。

エストロゲンの量が減ると、テストステロンの分泌量も減少します。
イソフラボンの摂取によって、体内におけるエストロゲンの不足分を補うことにより、テストステロンの正常な分泌を促すことができます。 それにより、抜け毛・薄毛を予防することができます。

テストステロンは、体内で生成される還元酵素「5αリダクターゼ」によって、「ジヒドロテストステロン」に代謝されます。 抜け毛・薄毛の原因はこのジヒドロテストステロンです。

このホルモンは「悪玉男性ホルモン」とも呼ばれており、毛母細胞に入り込むと、毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプター(受け皿)とドッキングして、「TGF-β」と呼ばれる増殖抑制因子に変化します。

このTGF-βは毛乳頭に指令を出して、髪の毛の成長を止めてしまいます。 結果的に、毛髪の寿命を短くし、抜け毛・薄毛を引き起こしてしまいます。

体内にテストステロンが不足すると、それを補おうとして、5αリダクターゼとの結合が過剰に進んでしまい、ジヒドロテストステロンが必要以上に生成されます。

ジヒドロテストステロンの過剰生成を防止するために、テストステロンの正常な分泌を促す必要があります。

イソフラボンを摂取することで、体内のエストロゲン量を正常に保ち、テストステロンの分泌を促すことができ、抜け毛・薄毛を予防することができるのです。

イソフラボンは男性ホルモンに作用して、前立腺癌を予防してくれます。 ジヒドロテストステロンは、男性の生殖器官の発達と機能の維持に欠かせないホルモンです。

しかし、中高年期に入ると、男性の前立腺は肥大を始めます。 この肥大してしまった前立腺内で、ジヒドロテストステロンとレセプターが結びついてしまうと、前立腺癌を発症・悪化させてしまいます。

イソフラボンは、5αリダクターゼの生成を抑え、ジヒドロテストステロンの産生を抑制する働きがあります。

さらに、ジヒドロテストステロンが前立腺に作用するのをブロックし、同時にレセプターの発現を弱めることもできます。 このようにして、前立腺癌を予防してくれるのです。