go top

イソフラボンのクレンジング

イソフラボンとはポリフェノールの一種で、大豆の胚芽部分に多く含まれています。 体内で女性ホルモン「エストロゲン」と似たような働きをして、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。

美容や健康維持のため、サプリメント、毎日の食事からイソフラボン摂取を心掛けておられる方も多いようです。イソフラボンを含む食材としては大豆製品が有名です。

イソフラボンは口から取り入れるだけでなく、皮膚からも吸収され作用することが明らかになっています。 イソフラボンは「エストロゲン受容体」と結合し、エストロゲン様作用を示します。

エストロゲン受容体にはα型とβ型があり、皮膚にはβ型が多く存在します。 イソフラボンはそのエストロゲン受容体β型と結合し、α型とはほとんど結合しません。

そのため皮膚は、イソフラボンが効果を発揮できる部位だというわけです。 近年多く販売されているイソフラボンを配合した基礎化粧品、洗顔、クレンジングはとても効果的です。

皮膚への負担を考えると、正しいクレンジング選びは非常に重要です。 お化粧をしているときよりも落とすときに、より肌に負担をかけるからです。

クレンジング剤にはいくつか種類がありますが、肌が敏感になっているときにおすすめなのはクレンジングミルクです。

油分と水分のバランス良く、界面活性剤が控えめで、皮膚への負担が少ない配合になっています。 ミルクならではの優しい肌触りなので洗う際の摩擦も軽減されます。

保湿は美容のカギです。 肌に水分をキープできずに乾燥すると、角質層が乱れやすくなりバリア機能が低下します。

紫外線や化粧品などの外部刺激に過剰に反応するようになってしまいます。 クレンジング剤も保湿効果が期待できるものがおすすめです。

イソフラボンは皮膚の保湿のカギを握る、「線維芽細胞」の働きを強力にサポートします。 線維芽細胞は真皮に存在し「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などを産生しています。

ヒアルロン酸はたった1gで水分を約6000ml保水できると言われています。 コラーゲンは細胞と細胞の隙間に存在し、細胞同士を結合させたり老廃物を排出する働きをします。 どちらもお肌の潤いに欠かせない物質です。

しかし、年齢や紫外線の刺激などにより徐々に線維芽細胞は減少し、機能が低下してしまいます。 この線維芽細胞にイソフラボンを投与すると、ヒアルロン酸やコラーゲンを産生する働きを促進することが分かっています。 お肌の弾力やハリ・ツヤの鍵である成分の産生を促してくれるのです。