go top

イソフラボンは優れた栄養成

イソフラボンとはポリフェノールの一種で、大豆の胚軸部分に多く含まれます。 女性ホルモン「エストロゲン」と化学構造が似ており、体内でエストロゲン様作用をもたらすため、毎日適量を摂取することで、体を健康に保つことができます。

PMSの軽減

月経のある女性の80~90%は、月経前にPMS(月経前症候群)に悩まされています。 PMSは腰痛・頭痛・不安・倦怠感などの症状を伴います。

PMSの主な原因は、エストロゲン分泌量の急激な変動です。イソフラボンは体内でエストロゲンと同じ働きをするため、エストロゲンの過不足を補い、分泌量を安定させることができます。 さらに、もう一つの女性ホルモン「プロゲステロン」にも影響して、この二つの女性ホルモンの分泌のバランスを保ちます。

更年期症状の緩和

イソフラボンは、更年期障害症状を軽減してくれます。 女性は閉経時に、それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンの分泌量が大幅に減少します。

脳の視床下部は、エストロゲンの分泌指令を出しますが、卵巣の機能低下により十分なエストロゲンを分泌できないため、視床下部はパニックを起こし、自律神経にも影響を及ぼします。 これによって自律神経のバランスが崩れ、のぼせやほてりなどの身体的症状や、情緒不安定などの精神的症状が現れます。

エストロゲン様作用をもったイソフラボンを取り入れることで、体内に不足したエストロゲンを補うことができます。 このように、自律神経を安定させることができます。

がんのリスクを下げる

がんの原因となるのは、「チロシンキナーゼ」という酵素です。 このチロシンキナーゼは、細胞の増殖にかかわる信号の伝達において、とても重要な役割を担います。

しかし、このチロシンキナーゼが異常に活性化すると、がん細胞の増殖も促進してしまいます。 イソフラボンの一種である「ゲニステイン」は、チロシンキナーゼの働きを抑制する働きがあります。

また、ゲニステインは、がん細胞が栄養を補強するための回路を切断することもできます。 このようにして、がん細胞の増殖・転移をブロックすることができます。

骨粗しょう症予防

骨の中には骨芽細胞と破骨細胞という細胞があり、骨芽細胞が新しい骨を作り、破骨細胞が古くなった骨を破壊しています。 この2つの細胞がバランスを保ち、骨は新しく生まれ変わっていきます。

体内にエストロゲンが不足すると、骨芽細胞の働きが破骨細胞の働きに追い付かずに、骨粗しょう症が誘発されます。 特に女性は、更年期にエストロゲンが減少し、骨粗しょう症発症のリスクが高まります。

イソフラボンを適量摂取することで、体内のエストロゲンの量を安定させ、骨粗しょう症を予防できます。
その他にもイソフラボンを摂取することで期待できる効果はいくつもあります。
イソフラボン=女性に良い成分というイメージが強いかと思いますが、男性にとっても嬉しい効果をもたらしてくれます。イソフラボンで期待できる男性向けの効果についてはこちらのサイトで解説されていますのでぜひご覧ください。

(参考)イソフラボンの健康効果
http://www.stonesdoug.com/01.html