go top

PMSとイソフラボンの効果

イソフラボンは大豆に多く含まれているポリフェノールです。 女性ホルモン「エストロゲン」と同じ化学構造をしているため、体内でエストロゲン様作用をもたらします。 女性ホルモンの分泌のバランスを保つことで、体の健康を維持してくれます。

女性にとって特にうれしい作用として、「PMSの軽減」を挙げることができます。 PMSとは、月経前症候群のことで、頭痛や腰痛、不安やイライラ等を伴います。 イソフラボンを毎日適量摂取することで、PMSの症状を軽減することができます。

プロスタグランジンの減少

イソフラボンのもたらす作用の一つに、「プロスタグランジン」の減少を挙げることができます。 プロスタグランジンとは、人に痛みを感じさせる物質で、私たちの身体には不可欠な物質です。

プロスタグランジンが体内で分泌されることで、体の異常を発見することができ、適切な処置を施すことができるからです。

また女性の場合、このプロスタグランジンが子宮内膜から分泌されることで、子宮の収縮が促され、不要になった粘膜を血液とともに、体外にスムーズに排出することができます。 月経時には必要な物質なのですが、プロスタグランジンが過剰に分泌されると、頭痛やだるさなどの症状が強くなり、PMSを招いてしまいます。

イソフラボンには、このプロスタグランジンの過剰分泌を抑制する作用があります。 そのためPMSを軽減することができるのです。

セロトニン濃度の上昇

「セロトニン」は神経伝達物質の一つで、人間の感情面に大きな影響を与え、 心の安らぎや落ち着きなどをもたらしてくれます。

「幸せホルモン」とも呼ばれ、このホルモンが不足すると、うつ病や不眠症などを患ってしまいます。 月経前にイライラしたり、抑うつ状態に陥ったりするのは、このセロトニンが不足しているからです。

その大きな原因が、月経前のストレスです。 ストレスを感じるとき、副腎では「コルチゾール」というストレスホルモンが生成されます。

このコルチゾールが脳内で働くセロトニン神経の働きを弱め、セロトニンの分泌を制限してしまうのです。 コルチゾールの生成には「11β―ステロイド脱水素酵素」が必要ですが、イソフラボンはこの酵素の働きをブロックしてくれます。

さらに、若返りホルモンと呼ばれる「DHEA」は、コルチゾールとバランスをとりながら分泌されており、DHEAが増加することで、コルチゾールの分泌を抑制することができます。 イソフラボンはDHEAの産生を促す作用もあるため、同時に、コルチゾールの生成を抑制してくれます。

このようにしてセロトニンの分泌を安定化させ、イライラやうつ状態を軽減することができるのです。